ネクタイ選びに欠かせない人気ブランドを考察

 

50代に人気のネクタイ6ブランド

50代男性に支持される人気ネクタイブランド
手持ちのネクタイは多いものの、無難でベーシックなネクタイを選びがちな50代。
「俺のネクタイ」では、エスプリのきいたデザインに定評があり、行き過ぎない程度に冒険できるようなブランドを紹介します。

スポンサーリンク

1.Stefano Ricci ステファノ・リッチ

Stefano Ricci

ネクタイの姿をした芸術品

イタリア
創業 1972年
価格相場 ~30,000円
ステファノ・リッチのネクタイと言えば、1994年に誕生した“ネクタイの姿をした芸術品”と呼ばれるプリーツタイ。そのクオリティから各国の著名人たちに愛用されています。

プリーツタイの特徴は、立体感と動きによる変化です。
ネクタイを結ぶことによって、プリーツ部分が開き、普通のネクタイにはないリズミカルな雰囲気がでます。

また、生地は上質シルクを通常の3倍使用しているため、長年着用してもプリーツがほつれづらく、他ブランドのプリーツタイでは味わえない「感動の締め心地」を与えてくれます。

2.Italo Ferretti イタロ フェレッティ

Italo Ferretti

ナポリを感じさせる鮮やかな色彩

イタリア
価格相場 ~30,000円
製品はすべて、イタリア・アブルッツォ州シルヴィ産です。

職人によるハンドメイドの技術と洗練された独自のプリントや織り、高密度サテン地には定評があり、特にその技術は折り紙付きで、製法に関する特許を持っています。

3.Angelo Fusco アンジェロフスコ

Angelo Fusco

芸術的な研究を基にデザインしたジャガード織

イタリア
価格相場 20,000~60,000円
アンジェロ・フスコのネクタイの特長は、生地の上質さと手の込んだ縫製です。生地はすべて彼自身が歴史的、芸術的な研究を基にデザインしたジャガード織の布を用い、プリントシルクを用いることはありません。またナポリの伝統的な縫製手法を用いネクタイ職人による徹底した手縫い作業で作られています。

4.Dominique France ドミニックフランス

Dominique France

厚みのあるジャガード織りとオリジナリティーあふれるモチーフ

フランス
創業 1939年
価格相場 ~30,000円
創業時はオーダーシャツ、バスローブ、カフリンクス、ソックスやベルトを販売していましたが現在では特にネクタイや刺繍技術に定評があります。

7段階に分けられた商品の中で「星」と「王冠」は代表的な2グループです。「星」は若々しくカラフルなモデル。「王冠」はその外見と手触りにおける職人の腕の冴えが見事に生き、ドミニク・フランスの名声を確立した商品です。

5.Duchamp ドゥシャン

Duchamp

色彩の深さ、豊さは随一

イギリス
創業 1988年
価格相場 ~15,000円
ブランド名はジェイコブスが尊敬する20世紀前半に活躍したフランス人の前衛芸術家、マルセイユ・デュシャンに由来。

ネクタイは、多色使いの経糸の上に特別な方法で染色された糸で英国工場で独占的に織り上げ、その結果、色彩の深さ、豊さで最高品質と認められるとともに、ハンドメイドの縫製とあわせて他に類を見ないネクタイを作りだしています。

6.E.MARINELLA マリネッラ

E.MARINELLA

歴代のイタリア大統領が愛用

イタリア
創業 1914年
価格相場 20,000円~
マリネッラのネクタイは素材・品質に対して細心の注意を払い、熟練職人による丁寧な昔ながらの仕立てを厳密に守っています。

歴代のイタリア大統領を初め、アメリカのバラク・オバマ大統領、フランスのサルコジ大統領にも愛用されていることで有名。

テーマ


Top